ブログ 船橋市の馬込霊園前にある総合供養サービス企業「いしとも」のブログです。

永代供養墓とは

2022年07月15日

永代供養墓とは

近年は少子化・非婚率の上昇等様々な事情で墓守・お墓の承継者不在となるご家庭が増えています。
また引越しによりお墓が遠くなり墓参・管理が辛くなったというご家庭や、供養に対する意識の変化とそれに合わせたお墓の選択枝が増えたことから一般的な家系としてのお墓を建てずに個人または家族単位や夫婦で入るお墓を希望される方の増加からも永代供養墓のニーズが高まっています。
永代供養とは普段聞き慣れない言葉ですが、こうした墓守・承継者不在の遺骨を預かり墓地・霊園の管理者が遺骨を管理・供養してくれることを表します。
寺院や霊園によって供養期間や管理方法等異なりますが、承継者不在により無縁仏となる心配がなくなります。

新たにお墓を建てなければならないが承継者が途切れることからそれを前提に探す場合や、代々受け継がれてきたお墓はあるが承継者が不在となるので改葬する場合など、色々な事情から永代供養墓/永代供養付のお墓を探されますが、多く共通しているのは「承継者不在」という事です。
ご自身が樹木葬等を希望されている方や、未来のことは予想し難いものですがご家族の状況などから承継が途切れることが推察される方は検討してみてはいかがでしょうか。

永代供養墓にはどんなものがあるか

永代供養付墓
基本一般墓と同じですが夫婦(二人)用・家族(四人)用などもあり、形も一般墓と同様のものだけでなく永代用に特化したものなど様々です。
これらは承継者がいなくなるなどすると管理者の方で合葬墓に合祀し霊園など管理者が後の供養をしてくれるサービスがついています。近年では少子化・未婚人口の増加などから需要が高まっています。

永代供養墓とは樹木葬(自然葬)
従来の墓石という考えに囚われず、自然葬といった枠組みの中で樹木などを墓標とすることで特に人気が高まっているお墓です。多くの場合シンボルを中心にし埋葬地や墓標の下に埋葬します。
近年は一人用・夫婦(二人)用から3~4人分の遺骨が入る家族向けといったものも考案・発売されており、お好みやご家族の事情により選ぶことも可能です。
樹木葬・自然葬でも霊園により永代供養墓・永代供養合葬墓・永代供養付と分かれます。ご家族毎・個別などをご希望であれば事前によく聞き取りを行った方が良いでしょう。

永代供養墓
基本は石のお墓ですが、永代供養付と違い永代供養を前提とした2~4若しくは6体(霊園・墓地の仕様などに依ります)ほどの遺骨の入る小さなお墓です。永代供養付と判りにくいのですが、このタイプは永年使用となるので「永年使用料」などそのための科目などが最後の承継者がお墓に入り承継者不在となった後は、管理者で供養をしてくれます。収納可能数だけでなく、カロートを作って簡易な墓標の下(地中)に埋葬するものや屋外・屋内に納骨堂同様のものを造りそこに埋葬するものなど多種・多様にあります。

永代供養合葬墓
合祀をするお墓/埋葬施設に他の方と一緒に埋葬するもので、合同の墓誌に名前(戒名)を刻むことのできるものもあります。費用も他のお墓と比べると格安と言えるのでご家族の事情により利用されることが増えています。
また既に一般墓をお持ちのご家族で承継者問題等によりこの永代供養合葬墓に改葬するご家族も増えています。

資料請求(無料会員登録)でご葬儀1万円割引

電話をかける

電話をかける24時間365日通話無料

お墓・葬儀無料相談0120-11-1483
電話をかける24時間365日通話無料もしもの時は
メール相談・見積
カンタン資料請求