初めてのお墓

墓石の選び方

お墓は“買ったら終わり”でなく、建立後も家族代々受け継いでいくものです。

まず、ご家族や親戚との打ち合わせは済ませておきましょう。
家族内の方針が固まりましたら、お墓づくりに必要となる
以下4つのポイントをご確認ください。
各ポイントのなかには数種類の選択肢があります。家族の方針をもとに、
最適な選択をしていきましょう。
信頼してお付き合いできそうな店舗を選びましょう。

1 霊園・墓地を選びましょう

霊園・墓地を選びましょう

インターネットをつかって検索すると、よりどりみどりの霊園・墓地がでてきます。そこからさらに絞りこむ際のポイントは、アクセスの便利さ。後のお墓参りに行きづらい場所を選ぶと本末転倒です。気になる霊園・墓地があったらご自宅からの交通の便や所要時間を調べ、そのなかでもより良い所をピックアップしていきましょう。
いくつかの候補が決まったら、次に、霊園・墓地の種類を選びます。

2 墓所の種類を選びましょう

墓所には、一般的な外柵に囲まれた墓石が並ぶ所や、芝生の広場のような墓域をつくっている所など、想像以上に多彩な種類があります。墓所の種類を選ぶときには、事前にあなたが建てたい墓石をイメージし、そのイメージをもとに最適な墓所を選びましょう。

一般墓所
一般墓所

「墓所」という言葉から最初に想像できるであろう、一般的かつ伝統的なお墓です。和型・洋型など、タイプの異なるさまざまなお墓が区画に分かれて並んでいます。

芝生墓地
芝生墓地

近年人気の高まっている、緑の芝生に建てるお墓です。隣のお墓との間にゆとりがあるので、圧迫感がなく開放的です。また外枠が不要となるため、墓石代も安くなります。

壁墓地
壁墓地

板状の墓石を壁に沿って設置し、遺骨を台下にある地下の納骨棺(カロート)に安置するお墓です。ヨーロッパでは古くから親しまれる墓地ですが、日本ではまだ新しいスタイルといえます。

3 墓石を選びましょう

決定した霊園・墓地および墓所のイメージを踏まえ、材質や色を吟味。お好みのタイプを選びましょう。伝統的な和型、洋型、芝生墓地用のオルガン型など、さまざまな選択肢があります。

4 デザインを選びましょう

近年、オリジナル・デザインのお墓を建てる方が増えてきています。お墓は一から自分でつくりたい、という方は、まず一度石材店にご相談ください。そこで霊園・墓地の規定やサイズ制限などを把握したうえで、お好みのデザインを描いていきましょう。

このページの上部へ戻る
総合供養サービスのいしとも 一生に一度のお買い物。 全優石認定の当店にお任せください。 お気軽にお問い合わせください。 フリーダイヤル 0120-11-1483 メールでのお問い合わせ

ホームページ作成はこちら